袴田会計総合事務所
サイトマップ お問い合せ

袴田会計総合事務所・税務情報

税務情報
青色申告の特典
「とりあえずビール!」のノリで、所得税節税の第一歩は「とりあえず青白申告!」です。なんだか面倒くさそうだ・・・というだけで青色申告を見合わせている方は、まずここから始めてください。青色申告制度の恩恵を受けられるのは事業所得・不動産所得・山林所得が発生する人、つまり自分で事業をやっているという人に限られますが、実は青色申告適用のハードルは低く、事業の大小(事業的規模)については問われていません。青白申告の特典としては下記のものが挙げられます。
1.青色申告特別控除
一定の帳簿条件を満たすと65万円若しくは10万円を漏れなく控除できます。(不動産所得者に関しては事業的規模の条件を満たす場合に限り65万円控除ができます。)
2.青色申告専従者控除
家族が従業員として働いている場合、労務の対価として適当な金額を必要経費に参入できます。ただし「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署長に提出して、給与の金額をあらかじめ決めておく必要がありますので、ご注意ください。
3.純損失の繰越控除、繰戻還付
赤字の所得を3年間繰り越して、翌年以降の所得と相殺できます。具体的には、不動産投資による損失を作って節税しましょう!なんて話聞いたことありますよね。あれは減価償却費等によって不動産所得の赤字を作って、給与所得等と相殺することによって所得税の圧縮を図るというスキームです。実質的には納税負担が減るのでキャッシュフローの向上に繋がるはずです。この赤字の使用期限が3年あるという話になります。
4.家事関連費の必要経費算入
電気・水道・ガス・電話・ガソリンといった家事関連費のうち事業に使ったと認められる部分について必要経費に算入できます。明確に分けきれない場合でもサンプルの使用割合などがあれば、それを前提に必要経費に入れることも可能です。諦めずに拾ってみてください。
5.各種引当金の繰入
貸倒引当金等の各種引当金を繰り入れることができます。ご存知のとおり会計上の費用ですので、当年繰入れた引当金は翌年戻しいれが必要になりますので、大きな節税効果はありませんが、費用の早期計上という観点から充分メリットがあります。
6.特別償却、割増償却、少額減価償却資産の必要経費算入
これも5同様費用の早期計上をしてキャッシュフローを向上させましょう!という手法のひとつです。特に高額な資産の購入をされた場合には大きな効果が期待されます。、また30万円未満の減価償却資産の取得に関して、その取得の年に全額費用計上できるという特例もあります。
なお青色申告の特典については「所得税の青色申告承認申請書」を税務署の窓口に提出することにより適用できます。一応承認申請という名目ですが、基本的には申請を拒否されることはないと思いますので。
国税庁・所得税の青色申告承認申請手続
注意してもらいたいのは申請期間で、新たに事業を開始した人は事業開始から2ヶ月以内、すでに事業を行っている人は最初に青色申告をする年の3月15日までに提出する必要があります。従いまして既存の事業者については、22年3月15日までに提出すれば22年度から青色申告が受けられるというシステムになっています。
また不動産賃貸業については事業的規模によって受けることのできる特典が限られており、その基準となる事業規模の判定にはいわゆる「五棟十室基準」が用いられています。これは貸家であれば5棟、アパートやマンションなどであれば10室以上(駐車場は50台以上)を事業的規模とし、それ以下の事業者については事業的規模を満たさない小規模事業者であるという理由から上記の特典に制限が設けられております。ただしこの形式基準を満たさない場合でも実質判定により事業的規模と判定されることもありますので微妙な方は専門家に相談してみてください。
オマケ情報・・・10万円の報酬で税金が13万円安くなる!?
最後にオマケ情報ですが青色申告特別控除で65万円控除の適用を受けるには複式簿記による記帳を行う等の要件があり、一般の人が帳簿付けをして・・・という作業は意外と手間と時間のかかるものになります。面倒だから65万円控除を受けなくても・・・という人は専門家に10万円程度の報酬を支払ってでも申告書の作成を依頼してしまった方が実は得になるケースが多いです。

例えば所得税・住民税の実効税率が20%の人であれば65万円控除で受けれる減税額は単純に65万円×20%で13万円となりますよね。つまり10万円の報酬を払って13万円税金が安くなるので持ち出しなしで確定申告ができるという話になります。(手間もかからず持ち出し無し!!)
なお課税所得が200万円程度でも住民税を含めると実行税率は20%程度になることが多く、実は大半の場合において、会計事務所等の専門家に確定申告を依頼してしまったほうが得になるかと思います。
(すいません最後は完全に営業トークです!)

リンク個人情報保護方針

Contents Menu
TOP
業務内容
事務所案内
税務情報
セミナー情報
リクルート情報

税務情報最新ナンバー
民主党政権で税制はこう変わる!資産税応用編
民主党政権で税制はこう変わる!所得税編
民主党政権で税制はこう変わる!相続税編
平成22年度税制改正・消費税編
平成22年度税制改正・概略編
青色申告の特典
税務情報バックナンバー
日本版LLP
遺言の活用
取引相場のない種類株式の評価方法

お問い合せ
〒410-0803
静岡県沼津市添地町 199
TEL:055-961-0051
FAX:055-961-0035
メールフォーム
袴田会計総合事務所案内地図
袴田会計総合事務所案内地図
Get Adobe Reader

袴田会計総合事務所 袴田会計総合事務所
〒410-0803 静岡県沼津市添地町 199 TEL:055-961-0051 FAX:055-961-0035
URL:http://www.hakamatakaikei.jp/ E-mail:info@hakamatakaikei.jp
Copyright(C)2006 Hakamata Tax&Account Consulting office . All Rihgts Reserved.